PageUpdate 2014.9.26
by Y.Nakamaru  ブログ開設
 
USBで学校放送用のアンプを制御できないか・・・・と考え、巡り合ったのがUSB-IO。なんと1500円だ。
 
これを使ってアンプの電源を入れ、5秒待ってMP3やWAVなどの形式で保存された音源を再生する。
(ビクターの放送卓用アンプは電源を入れてから5秒待たないと放送が完全にできないという仕様。これがこの装置を作るきっかけになった)
 
 
例えば
 
  ・朝の登校時に音楽にミキシングされた音声を流し「間もなく始業のチャイムが鳴ります・・・」
  ・昼の準備の時間に「給食の準備は整いましたか。まだのクラスは急ぎましょう」
  ・掃除のときに音楽を流し「清掃終了5分前です。用具の片づけなどをしっかり行いましょう」
  ・最終下校の15分前から新世界第二楽章を流し「間もなく最終下校時刻です。なるべく集団で下校しましょう」
 
などのアナウンスを自動的に流すこともできます。
もちろんチャイムもならせます。
2014.9.26 New
 最新版のVer1.7をアアップしました。作成したのは2012.3.28なので何をどのようにアップしたのかは記憶の彼方・・・・・。使い勝手を良くしていると・・・・・思います。
 chime170.zipはここからダウンロードできます。
 
2014.1.15  
 USB-IO2.0を使った回路と実際の写真を掲載します。
 今回使っているUSB-IOとその周辺部品がはんだ付け不良で動かなくなったのを機会に、回路を確認し実際の状況の写真を撮って、覚書をしておこうと考えました。
これが実物。このあと小さな木の板をベースにし部品をネジやグル―ガンで固定しケースに入れた。

またこれが回路図?かな。
2012.1.22 
 開発環境変更(VisualBasic から BorlandC++Builder へ)
 休日に再生しないように設定可能。設定ファイルをドラッグアンドドロップ可能、上書きOr追加選択可能。
 USB-IO2.0に対応。 Version1.5   ここからダウンロード可能。
 まだ、操作説明書も作っていないが、mp3のサウンドをプログラムと同じフォルダにいれ、編集>登録音源確認で
 ... ボタンを押して登録し更新、あとはチャイムを鳴らしたい時刻を入力し、開始ボタンを押せばOK。
 画面イメージはこんな感じです。
問い合わせは nakamaru×a2.mbn.or.jp まで。(もちろん×は何だかわかりますよね)
プログラム作成に関するブログを開設しました。ブログのコメントを使ってご意見などをお寄せください。
ブログのリンク先はこちら http://rebelrider.blog.fc2.com/
VB2010を使って作ったので.NetFx4以上が必要です。
 
USB-IOはカセットテープのケースに入れコンパクトに。
 リードリレーは秋月電子SS1A05D(5個400円)・・・・送料と代引き手数料のほうが高くつきそう。
 
 
 2011.6.28
 強制的にチャイム(サウンド1)をならせるボタンをプログラムした。もちろんそれを強制的に止めることもできる。また、チャイムを途中で止めることも可能にした。(今までは鳴り終わるまで待っていなければならなかった。)
 チャイムを鳴らす時刻をファイルに保存し、それを読み込んだ時に音の選択が正確に反映されなかったのを修正。(原因不明だが、Formの改良によってうまく反映できるようになった)
 
2011.6.25
 リモートデスクトップの問題はその設定にあり、ローカルコンピュータでサウンドを再生させればうまくいくが・・・・・まだ課題がある。
 とりあえず、リモートで設定したらそのままにするか切断後に本体にて再ログオンすることで解決? 
 
2011.6.23
 10分を超えるサウンドの再生でのバグはやはり自分のプログラムミスであることが解明。プログラムを修正。
 下校放送の音楽にアナウンスをミキシングして校内放送! バッチリできた。
 
2011.6.20
 再生される音源(MP3やWAV)の確認ダイヤログを表示するよう変更。
 
2011.6.18
 10分を超えるサウンドの再生でのバグがWindowsUpdateで解決?
 
2011.6.16
 見えないバグが結構見つかる。特に内部でのデータ処理。
 
2011.6.13 
 リモートデスクトップにて別室から操作・・・・うまくいかず。
 
2011.6.6
 試験運用開始:Version 1.0

inserted by FC2 system